Aspose 2008年6月お客様へのメールマガジン

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

In This Issue

  • ウェルカム!
  • 製品スポットライト – Aspose.Metafiles
  • Aspose.Words for Reporting Services で HTML と通常のテキストへエクスポート
  • Aspose.Pdf for Reporting Services 1.3.0.0 での改良点
  • Aspose.BarCode の改良
  • Aspose.Workflow for .NET のパフォーマンス向上
  • Aspose.Words for .NET でドキュメントを MHTML および OpenDocument Text として保存
  • セキュリティ レベル 中 で Aspose.Grid.Web を起動
  • Aspose.Pdf.Kit for .NET 3.1.0.0 リリース
  • Aspose.Network for .NET で DNS メールをサポート
  • Technical Article – エレガントなグラフを持つ Excel のレポートを動的に生成
  • Technical Tip – DNS を使用してメールの送信

ウェルカム

Aspose Newsletter 2008年 6月号をご覧頂き、誠に有難うございます。今月のニュースレターでは、スポットライト製品として Aspose.Metafiles 製品を紹介します。また、Aspose.Words、Aspose.Words for Reporting Services、Aspose.Pdf for Reporting Services、Aspose.Pdf.Kit、Aspose.BarCode、Aspose.BarCode for Reporting Services、Aspose.Workflow、Aspose.Grid および Aspose.Network の最新リリースで提供する新機能を紹介します。今月の Tech-Tip では、Aspose の最新ニュースとして、Aspose.Network で受信者のドメインのメール サーバーを使用してメールを送信する方法を紹介します。また、Technical Article では、Excel ワークシートへデータを挿入するビジネス レポートの作成方法と Excel レポートをディスクに保存する前にグラフを埋め込む方法を紹介します。

製品スポットライト

Aspose.Metafiles は、metafile を効果的に管理するための Java ソリューションです。Aspose.Metafiles を使用して、Java アプリケーションで WMF および EMF ファイルの両方を素早くかつ簡単に表示し、プレイできます。Aspose.Metafiles はまた、metafile の変換のサポートを提供します。Aspose.Metafiles を使用して、metafile を他の一般的なグラフィック フォーマットに変換することができます。Aspose.Metafiles は Aspose.Slides for Java とシームレスに動作するようにデザインされています。Aspose.Metafiles を使用して、WMF と EMF ファイルの両方を Aspose.Slides で作成した PowerPoint プレゼンテーションに追加できます。評価版をダウンロードし、是非 Aspose.Metafiles の機能をお試しください。

Aspose.Words for Reporting Services で HTML と通常のテキストへエクスポート

Aspose.Words for Reporting Services version 2.2.0.0 がリリースされました。本リリースでは、HTML や通常のテキスト (TXT) など、新しいエクスポート フォーマットのサポートを追加しました。さらに、TXT エクスポート フォーマットへの改良を行い、通常のテキストへエクスポートする際に、テーブルはそのレイアウトを保存します。本リリースではまた、多くのバグの修正と改良が含まれます。Aspose.Words for Reporting Services の最新バージョンは、ここからダウンロード可能です。詳細は、公式リリース ページと関連するブログ ポストを参照してください。

Aspose.Pdf for Reporting Services 1.3.0.0 での改良点

Aspose.Pdf for Reporting Services の最新バージョン 1.3.0.0 がリリースされました。本リリースでは、新機能として、カスタム埋め込みフォント、矢印、注釈、文末の注釈などを追加しました。また、設定ツールが提供され、設定ツールを使用して、MSI Installer なしで Aspose.Pdf for Reporting Services をインストール可能となりました。さらに、64-bit Windows をサポートしました。Aspose.Pdf for Reporting Services の最新バージョンは、ここからダウンロード可能です。詳細は、公式リリース ページおよび関連するブログ ポストを参照してください。

Aspose.BarCode の改良

Aspose.BarCode を大幅に改良しました。Aspose.Barcode for .NET の最新バージョン 2.5.1.0 では、OneCode バーコードの認識アルゴリズムを改良しました。OneCode バーコード イメージの認識率は、以前のバージョンと比べ、大幅に向上しました。詳細は、公式リリース ページと関連するブログ ポストを参照してください。 Aspose.BarCode for Java version 1.4.0.0 がリリースされました。本リリースでは、多くのバグの修正と改良が含まれます。詳細は、公式リリース ページと関連するブログ ポストを参照してください。Aspose.BarCode for .NET と Java の最新バージョンは、ここからダウンロード可能です。Aspose.BarCode for Reporting Services version 1.3.0.0 を使用して、対象の SSRS レポートで OneCode バーコード イメージを生成できます。本リリースではまた、多くのバーコード生成に関する問題、Code39、QR および DataMatrix バーコードの問題を修正しました。詳細は、公式リリース ページと関連するブログ ポストを参照してください。Aspose.BarCode for Reporting Services の最新バージョンは、ここからダウンロード可能です。

Aspose.Workflow for .NET のパフォーマンス向上

Aspose.Workflow for .NET version 1.4.0.0 がリリースされました。本リリースでは、コンポーネントに関して、多くのパフォーマンス プロファイリングとチューニングを行いました。新しいロック ポリシー機能が追加され、バックエンドの LockTable への排他的なアクセスを回避します。より柔軟性があり、スケーラブルになりました。また、パフォーマンス プロファイリングに関して、コンフィグレーション モジュールと xpdl パーサーへの修正を追加しました。詳細は、オフィシャル リリース ページと関連するブログ ポストを参照してください。Aspose.Workflow for .NET の最新バージョンは、ここからダウンロード可能です。

Aspose.Words for .NET でドキュメントを MHTML および OpenDocument Text として保存

Aspose.Words for .NET version 5.2.0.0 がリリースされました。新機能として、save as MHTML が追加されました。MHTML は "web archive" または "single file web page" フォーマットです。HTML ドキュメントとすべての外部リソース (イメージとスタイル シート) をシングル ファイルに保存します。また、OpenDocument のサポートも追加しました。本リリースではまた、多くのバグの修正が含まれます。詳細は、公式リリース ページと関連するブログ ポストを参照してください。Aspose.Words for .NET の最新バージョンは、ここからダウンロード可能です。

セキュリティ レベル 中 で Aspose.Grid.Web を起動

多くの Web アプリケーションは、セキュリティ制限が厳しい Web ホスティング環境で起動しています。最新リリース Aspose.Grid for .NET version 2.0.0.0 では、セキュリティ レベル 中 での Aspose.Grid.Web の起動をサポートしました。詳細は公式リリース ページと関連するブログ ポストを参照してください。 Aspose.Grid for .NET の最新バージョンは、ここからダウンロード可能です。

Aspose.Pdf.Kit for .NET 3.1.0.0 リリース

Aspose.Pdf.Kit の最新バージョン 3.1.0.0 がリリースされました。本リリースでは、コメントのマイグレーションの機能をサポートする PdfAnnotationEditor クラスが追加されました。フォーム処理機能も改良され、新しい注釈のタイプをサポートしました。本リリースではまた、Aspose.Pdf.Kit の使い勝手も改良されました。便利なヘッダー/フッターの追加メソッドも追加され、ComboBox/RadioBox/CheckBox を操作するインターフェースも改良されました。詳細は、公式リリース ページと関連するブログ ポストを参照してください。Aspose.Pdf.Kit for .NET の最新バージョンは、ここからダウンロード可能です。

 

Aspose.Network for .NET で DNS メールをサポート

Aspose.Network for .NET の最新バージョン 3.8.2.0 がリリースされました。本リリースの主な新機能は、DNS メールです。Aspose.Network for .NET では、smtp サーバーがない場合に、mail exchange server で email メッセージの送信をサポートしました。DnsMailClient class を使用して、mail アドレス自身の mail exchange server によって、email メッセージを送信できます。詳細は、公式リリース ページと関連するブログ ポストを参照してください。本リリースに続き、version 3.8.2.3 がリリースされました。このリリースでは、POP3 プロトコルの実装のバグの修正と FileDropManager のファイル drag & drop 機能をアップグレードしました。これで、Windows ファイル エクスプローラからのファイル ドラッグをサポートしました。詳細は、公式リリース ページを参照してください。Aspose.Network for .NET の最新バージョンは、ここからダウンロード可能です。

Technical Article – エレガントなグラフを持つ Excel のレポートを動的に生成

本記事では、WYSIWYG manner のスタイリッシュな Excel レポートを動的にデザインおよび生成を簡単に行う方法を紹介します。データを XML ファイルから Aspose.Grid.Web コントロールへエクスポートし、リッチで魅力的なフォーマットをデータに適用し、MS Excel のように計算結果を計算する実際の環境を提供します。また、Aspose.Chart のコンポーネントを使用して、ワークシートのソース データ上に洗練されたチャートを生成し、チャート イメージをセールス レポートに貼り付けます。最後に、Aspose.Cells のコンポーネントを使用してグラフを添付した Excel レポートをディスクに保存します。記事の全文は、こちらからご覧ください。

 

Technical Tip – DNS を使用してメールの送信

プロジェクトの要件として、使用できない SMTP サーバーを使用して mail を送信することがあります。受信者のドメイン名の MX レコードを使用する場合があります。本記事では、Aspose.Network で、使用して受信者のドメインの mail サーバーを使用して mail を送信する方法を紹介します。記事の全文は、こちらからご覧ください。

本ニュースの日本語訳は、エクセルソフト株式会社が提供しています。

 

Aspose 顾客时事通讯, 2008 年6月

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

In This Issue

  • 欢迎!
  • 产品聚光灯 – Aspose.Metafiles
  • 使用Aspose.Words for Reporting Services输出HTML和纯文本
  • Aspose.Pdf for Reporting Services 1.3.0.0得到改进
  • Aspose.BarCode 得到改进
  • Aspose.Workflow for .NET 得到调整
  • 使用Aspose.Words for .NET可将文档保存为MHTML以及打开文档文本
  • 在中等安全级别下运行Aspose.Grid.Web
  • Aspose.Pdf.Kit for .NET 3.1.0.0 已发布
  • Aspose.Network for .NET支持DNS邮件
  • 技术文章 – 使用一流的图表动态生成格式化Excel报表
  • 技术小贴士 – 使用DNS发送邮件

欢迎

欢迎阅读Aspose2008年6月份月度快报!在本期月报中,我们将对我们的亮点产品Aspose.Metafiles做出相关介绍。还将对新近发布的产品Aspose.Words, Aspose.Words for Reporting Services, Aspose.Pdf for Reporting Services, Aspose.Pdf.Kit, Aspose.BarCode, Aspose.BarCode for Reporting Services, Aspose.Workflow,  Aspose.Grid 以及 Aspose.Network的新功能和部分已有功能做出相关介绍。通过本月的技术小贴士,您将了解到来自Aspose的最新技术信息——如何在Aspose.Network的帮助下使用收件人邮件服务器发送邮件。在我们的技术文章中还将介绍如何对excel工作表中输入的数据创建一个商务报表,该报表可对单元格应用格式化,并可在excel报表保存至磁盘前嵌入图表。

    产品聚光灯

Aspose.Metafiles是可有效管理元文件的一个Java解决方案。Aspose.Metafiles 将允许您的Java应用程序简单快速地显示和播放WMF和EMF文件。Aspose.Metafiles 还支持元文件的转换。使用Aspose.Metafiles,您的开发人员可将元文件转换为其它一些流行的图像格式。Aspose.Metafiles可与Aspose.Slides for Java无缝结合。使用Aspose.Metafiles 您可以将WMF和EMF文件添加到使用Aspose.Slides创建的PowerPoint里。现在就可以去下载免费试用版看看Aspose.Metafiles是否满足您的业务需求。

使用Aspose.Words for Reporting Services输出HTML和纯文本

我们新近发布了Aspose.Words for Reporting Services 版本2.2.0.0。该版本中,新增了一对输出格式:超文本标记语言(HTML) 和纯文本(TXT)。此外,我们还对TXT输出格式做了一些改进,目前表格可以在输出为纯文本时保持其版面设计。新版本还有其他一些改进并修复了一些bug。请点击这里下载Aspose.Words for Reporting Services from的最新版本。更多详细信息请浏览官方发布网页 和相关博客文章

Aspose.Pdf for Reporting Services 1.3.0.0得到改进

Aspose.Pdf for Reporting Services 的最新版本1.3.0.0已发布。该版本新增了一些功能,如:定制嵌入字体、箭头、脚注、尾注等。还提供了一个配置工具,从而无需使用MSI安装Aspose.Pdf for Reporting Services。此外64-bit windows 目前也可以得到很好地支持。您可以点击这里下载最新版本的Aspose.Pdf for Reporting Services form。更多详细信息请浏览官方发布网页 和相关博客 文章

Aspose.BarCode得到改进

Aspose.BarCode 目前得到很大的改进。Aspose.Barcode for .NET的最新版本2.5.1.0引入了改进的OneCode条码识别机制。OneCode 条码图形的识别率与以往相比有了很大的改进。更多信息请访问官方发布网页以及相关博客文章。 Aspose.BarCode for Java 版本1.4.0.0 也已发布,其中做了一些改进并修复了一些bug。更多信息请访问官方发布网页 和相关博客文章。点击 这里 可下载Aspose.BarCode for .NET 和 Java的最新版本。现在使用新发布的Aspose.BarCode for Reporting Services 版本1.3.0.0 您可以在SSRS报表上生成OneCode条码图像。该版本中我们还解决了一些条码生成问题和一些与Code39、QR、以及DataMatrix条码相关的问题。更多信息请访问官方发布网页和相关博客文章。点击这里下载Aspose.BarCode for Reporting Services 的最新版本。

Aspose.Workflow for .NET 得到调整

Aspose.Workflow for .NET 版本1.4.0.0已发布。该版本中,我们做了大量的性能上的评测和控件的调整。我们引进了一个新的锁策略来避免LockTable后端的高级访问,是及其灵活和可升级的。此外我们还通过性能评测对配置模块和xpdl剖析器做了修复。更多信息请访问官方发布网页和相关博客文章。点击这里下载 Aspose.Workflow for .NET最新版本。

使用Aspose.Words for .NET将文档保存为MHTML以及打开文档文本

Aspose.Words for .NET version 5.2.0.0 已发布。我们新增了一个非常有用的功能——另存为MHTML。MHTML是一种"web存档文件"或"单文件web页面"格式。 一个HTML文档和所有的外部资源(图片和样式表)均共享在一个文件里。该版本还支持OpenDocument。此外还修复了多个区域内的大量bug。更多信息请访问官方发布网页 和相关博客文章。点击这里下载Aspose.Words for .NET的最新版本。

在中等安全级别下运行Aspose.Grid.Web

很多web应用程序需要运行在比较严格的安全级别的环境限制下。在新近发布的Aspose.Grid for .NET版本2.0.0.0里,我们新增了对中级安全信任的支持。更多信息请访问官方发布网页 和相关博客文章。点击这里下载 Aspose.Grid for .NET的最新版本。

Aspose.Pdf.Kit for .NET 3.1.0.0已发布

Aspose.Pdf.Kit的最新版本3.1.0.0已发布。该版本中,引入了一个名叫PdfAnnotationEditor的类,用来实现移植注释的功能。表单处理功能也得到了增强,并支持一些新的注释类型。Aspose.Pdf.Kit的可用性在该版本中也得到了提高。还引进了可方便地添加页头/页脚的方法以及操作ComboBox/RadioBox/CheckBox的界面。更多信息请访问官方发布网页和相关博客文章。点击这里下载Aspose.Pdf.Kit for .NET的最新版本。

 

Aspose.Network for .NET支持DNS邮件

Aspose.Network for .NET的新版本3.8.2.0已发布。该版本的主要新增功能是支持DNS邮件。Aspose.Network for .NET目前支持在没有任何smtp服务器的情况下使用邮件交换服务器发送邮件。通过使用类DnsMailClient,您可以通过发送地址本身的邮件交换服务器发送邮件。更多信息请访问官方发布网页和相关博客文章。紧接着该版本后推出的新版本3.8.2.3将会修复很多与POP3协议执行相关的bug并增强了FileDropManger的拖&放文件功能。目前我们支持从windows资源管理器中拖放文件。更多信息请访问官方发布网页。点击这里下载Aspose.Network for .NET的最新版本。

技术文章 – 使用一流图表动态生成格式化Excel报表

该文章说明了如何简单、动态地以所见即所得的方式设计以及生成流行的excel报表。使用Aspose.Grid.Web 控件导入XML文件的数据,从而允许您像在MS Excel里一样可应用丰富而具备吸引力的数据及公式计算结果。还可以使用Aspose.Chart 组件生成一个基于工作表数据源的复杂图表并可将此图表图片粘贴至销售报表。最后,附有图表的excel报表可使用 Aspose.Cells组件保存至磁盘。点击此处查看完整文章。

 

技术小贴士 – 使用DNS发送邮件

有时在项目中使用SMTP服务器发送邮件并不切实可行。我们可能会想到利用接收者的MX记录。该贴士演示了如何在Aspose.Network.的帮助下使用接收者的邮件服务器发送邮件。点击此处获取完整的技术演示。