XAML(eXtensible Application Markup Language)は、XMLベースの記述言語であり、グラフィカルユーザーインターフェイスの設計に使用されます。特に、XAMLは、WPF(Windows Presentation Foundation)、UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)、およびXamarinフォームで使用されます。この記事では、PowerPointプレゼンテーションのスライドをプログラムでXAMLインターフェイスに変換する方法を学習します。特に、この記事では、C#を使用したPowerPoint PPTXからXAMLへの変換について説明します。

PowerPointからXAMLへの変換用のC#API

PowerPointプレゼンテーションをXAMLに変換するには、Aspose.Slides for .NETを使用します。これは、PowerPointプレゼンテーションを作成、変更、または変換できるプレゼンテーション操作APIです。 APIをダウンロードするか、NuGetを使用してインストールできます。

PM> Install-Package Aspose.Slides.NET

PowerPoint PPTXをC#でXAMLに変換する

以下は、PowerPointプレゼンテーションのスライドをC#のXAMLに変換する手順です。

  • まず、Presentationクラスを使用してPowerPointプレゼンテーションをロードします。
  • Presentation.Save(new XamlOptions())メソッドを使用して、プレゼンテーションをXAMLファイルに変換します。

次のコードサンプルは、PowerPoint PPTXをXAMLに変換する方法を示しています。

// PowerPointプレゼンテーションをロードする
using (Presentation pres = new Presentation("pres.pptx"))
{
   // プレゼンテーションをXAMLに変換する
   pres.Save(new XamlOptions());
}

以下は、PPTXからXAMLへの変換を実行した後に取得するファイルのスクリーンショットです。

C#でのPPTXからXAMLへ

カスタムオプションを使用したPowerPointからXAMLへ

さまざまなオプションを設定して、PowerPointからXAMLへの変換をカスタマイズすることもできます。たとえば、非表示のスライドを変換するかどうかを定義できます。以下は、カスタムオプションを使用してPowerPointプレゼンテーションをXAMLに変換する手順です。

次のコードサンプルは、C#でPowerPointからXAMLへの変換をカスタマイズする方法を示しています。

// PowerPointプレゼンテーションをロードする
using (Presentation pres = new Presentation("pres.pptx"))
{
   // オプションを設定する
   XamlOptions options = new XamlOptions();
   options.ExportHiddenSlides = true;
   
   // プレゼンテーションをXAMLに変換する
   pres.Save(options);
}

無料のAPIライセンスを取得する

一時ライセンスをリクエストすることで、評価の制限なしにAspose.Slides for .NETを使用できます。

結論

この記事では、C#を使用してPowerPointPPTまたはPPTXプレゼンテーションをXAMLに変換する方法を学習しました。 APIをインストールして、提供されたコードを.NETアプリケーションに統合するだけです。さらに、ドキュメントにアクセスして、Aspose.Slides for .NETの他の機能を調べることができます。また、フォーラムからお気軽にお問い合わせください。

関連項目