HTMLマークダウンC#を変換する

Markdownは、見出し、太字、斜体、下線などを表す単純な記号を使用したマークアップ言語です。習得と書き込みは簡単なので、ほとんどの場合、オンラインドキュメントとreadmeファイルはマークダウンを使用して書き込まれます。いくつかの簡単な手順で、マークダウンをHTMLWebページに簡単に変換できます。同様に、HTMLからマークダウンへの変換も、C#言語を使用してここで検討する便利な機能です。

HTMLおよびMarkdown Converter – APIのインストール

C#プログラミング言語を使用して、HTMLWebページとMarkdown形式のファイルを相互変換できます。これらのファイル形式を操作および変換するには、Aspose.HTML for .NETAPIをインストールする必要があります。次のインストールコマンドを使用してNuGetギャラリーからAPIをインストールするか、ダウンロードセクションからDLLファイルをダウンロードして、プロジェクトの参照として追加できます。

PM> Install-Package Aspose.Html

これまでのところ、数分以内にAPIを構成できるようになります。考えられるさまざまなシナリオを見ていきましょう。

C#でプログラム的にHTML WebページをMarkdown(.md)に変換する

.NETベースのアプリケーションでHTMLWebページをMarkdownに変換できます。この人気のある変換機能は、基になるファイル形式の詳細に立ち入ることなくAPIを呼び出すだけでよい方法でサポートされています。したがって、HTML Webページの変換については、以下の手順に従う必要があります。

  1. HTMLファイルを作成するか、既存の入力ファイルをロードします
  2. MarkdownSaveOptionsオブジェクトを使用してConvertHTMLメソッドを呼び出します
  3. 出力マークダウン(.md)ファイルを保存します

以下のコードは、C#を使用してHTMLWebページをMarkdownに変換する方法を示しています。

// HTMLコードを準備し、ファイルに保存します。
var code = "<h1>Header 1</h1>" +
            "<h2>Header 2</h2>" +
            "<p>Hello World!!</p>";
System.IO.File.WriteAllText(dataDir + "document.html", code);

// ConvertHTMLメソッドを呼び出して、HTMLをMarkdownに変換します。
Aspose.Html.Converters.Converter.ConvertHTML(dataDir + "document.html", new Aspose.Html.Saving.MarkdownSaveOptions(), dataDir + "output.md");

C#の追加オプションを使用してHTML WebページをMarkdown(.md)に変換します

HTMLをMarkdown表記に変換する簡単で基本的なユースケースについてはすでに学びました。変換プロセスを制御する別のステップに進みましょう。 HTMLファイルに無関係なデータがたくさんあるが、内容を段落タグまたはハイパーリンクタグに変換するだけでよいシナリオを考えてみましょう。この機能を理解して試すために、以下の手順に従います。

  1. 入力HTMLファイルをロードします
  2. MarkdownSaveOptionsオブジェクトを初期化します
  3. FeaturesプロパティでFlag変数を設定します
  4. 出力マークダウンファイルを保存する

以下のコードは、C#を使用して追加のオプションを使用してHTMLWebページをMarkdownに変換する方法を示すこれらの手順に基づいています。

// HTMLコードを準備し、ファイルに保存します。
var code = "<h1>Header 1</h1>" +
            "<h2>Header 2</h2>" +
            "<p>Hello World!!</p>" +
            "<a href='aspose.com'>aspose</a>";
System.IO.File.WriteAllText(dataDir + "document.html", code);

// SaveOptionsのインスタンスを作成し、ルールを設定します。 
// <a>-</a>のみ<p><a>要素はマークダウンに変換されます。</a>
var options = new Aspose.Html.Saving.MarkdownSaveOptions();
options.Features = Aspose.Html.Saving.MarkdownFeatures.Link | Aspose.Html.Saving.MarkdownFeatures.AutomaticParagraph;

// ConvertHTMLメソッドを呼び出して、HTMLをMarkdownに変換します。
Aspose.Html.Converters.Converter.ConvertHTML(dataDir + "document.html", options, dataDir + "output_options.md");

C#を使用してプログラムでMarkdown(.md)をHTMLWebページに変換する

シナリオによっては、HTMLをMarkdown表記に変換する必要がある場合があります。たとえば、Webアプリケーションや他の多くのユースケースで利用されるいくつかのドキュメントセクション。次の手順で、MarkdownファイルをHTMLに簡単に変換できます。

  1. マークダウン(.md)ファイルを作成するか、入力ファイルをロードします
  2. ConvertMarkdownメソッドを使用して出力HTMLファイルを保存します

以下のコードは、C#プログラミング言語を使用してMarkdownファイル(.md)をHTMLWebページに変換する方法を示しています。

// 簡単なMarkdownの例を準備する
var code = "### Hello World" +
            "\r\n" +
            "[visit applications](https://products.aspose.app/html/family)";
// マークダウンファイルを作成する
System.IO.File.WriteAllText(dataDir + "input_document.md", code);

// MarkdownをHTMLドキュメントに変換する
Aspose.Html.Converters.Converter.ConvertMarkdown(dataDir + "input_document.md", dataDir + "MarkdownToHTMLoutput.html");

サンプルプロジェクトとサンプルファイルをダウンロードする

前述の機能のデモンストレーションとしてサンプルプロジェクトをコンパイルしました。サンプルファイルもダウンロードできます。これは、マークダウンとHTML相互変換機能を調べて理解するために試すことができるコンソールアプリケーションです。そのため、ZIPをダウンロードするか、GitHubリポジトリのクローンを作成して機能をテストできます。

結論

一言で言えば、HTMLWebページとMarkdownファイルの変換について詳しく説明しました。 APIは、単純なAPI呼び出しを使用して、これらのファイルを迅速かつ効率的に変換できます。さらに、製品ドキュメントおよびAPIリファレンスにアクセスすると、他の機能を学ぶことができます。ただし、ご不明な点がございましたら、無料サポートフォーラムからお気軽にお問い合わせください。

関連項目