JSON から Excel へのデータのインポート

MS Excel には、表形式のデータをワークシートの形式で保持および整理するためのさまざまな機能が用意されています。データの編成に加えて、データの並べ替え、グラフのプロット、数学的な計算などのさまざまな操作を実行できます。一方、JSON は、データを次の形式で保存および送信するために広く使用されている形式です。キーと値のペア。さまざまなケースで、JSON の形式でデータを受け取り、それを Excel ファイルにインポートする必要があります。これをプログラムで実現するために、この記事では Java で JSON データを Excel にインポートする方法について説明します。

JSON から Excel へのインポート用の Java ライブラリ

Aspose.Cells for Java は、スプレッドシート ドキュメントを作成および処理するための優れた機能セットを備えた強力な API です。さらに、Excel ファイルの高品質な相互変換を提供します。その JAR を ダウンロード するか、次の Maven 構成を使用して直接インストールできます。

リポジトリ:

<repository>
	<id>AsposeJavaAPI</id>
	<name>Aspose Java API</name>
	<url>https://repository.aspose.com/repo/</url>
</repository>

依存:

<dependency>
	<groupId>com.aspose</groupId>
	<artifactId>aspose-cells</artifactId>
	<version>22.7</version>
</dependency>

JSON データを Excel にインポートする手順

以下は、Aspose.Cells for Java を使用して JSON ファイルから Excel ワークブックにデータをインポートする手順です。

  • JSON ファイルをディスクから読み取ります。
  • エクセルファイルを作成します。
  • JSON から Excel にデータをインポートします。
  • Excel ファイルを目的の場所に保存します。

上記の手順を Java コードに変換して、JSON データを Excel ファイルにインポートする方法を見てみましょう。

JSON データを Java で Excel にインポートする

ご存じのように、JavaScript Object Notation は一般的なデータ交換形式であり、非常に軽量で、人間や機械が簡単に読み取ることができます。たとえば、JSON 形式の Web API からデータを取得し、それを Excel ファイルにインポートする必要がある場合、Aspose.Cells はこの機能を提供します。

JSONUtility クラスは、JSON から Excel にデータをインポートするだけでなく、インポート プロセス中に JsonLayoutOptions オブジェクトを使用してさまざまな変換と書式設定を実行する ImportData メソッドを持つこの目的で使用されます。 JSON からのデータのインポート の記事に従って、このエキサイティングな機能を試すことができます。

次のコード サンプルは、Java で JSON から Excel にデータをインポートする方法を示しています。

// 完全な例とデータ ファイルについては、https://github.com/aspose-cells/Aspose.Cells-for-Java にアクセスしてください。
// ドキュメント ディレクトリへのパス。
String dataDir = Utils.getSharedDataDir(ImportingFromJson.class) + "Data/";

// Workbook オブジェクトのインスタンス化
Workbook workbook = new Workbook();
Worksheet worksheet = workbook.getWorksheets().get(0);
		
// ファイルの読み取り
File file = new File(dataDir + "Test.json");
BufferedReader bufferedReader = new BufferedReader(new FileReader(file));
String jsonInput = "";
String tempString;
while ((tempString = bufferedReader.readLine()) != null) {
   jsonInput = jsonInput + tempString; 
}
bufferedReader.close();
		
// スタイルを設定する
CellsFactory factory = new CellsFactory();
Style style = factory.createStyle();
style.setHorizontalAlignment(TextAlignmentType.CENTER);
style.getFont().setColor(Color.getBlueViolet());
style.getFont().setBold(true);
		
// JsonLayoutOptions の設定
JsonLayoutOptions options = new JsonLayoutOptions();
options.setTitleStyle(style);
options.setArrayAsTable(true);

// JSON データのインポート
JsonUtility.importData(jsonInput, worksheet.getCells(), 0, 0, options);

// エクセルファイルを保存
workbook.save(dataDir + "ImportingFromJson.out.xlsx");

Web API などの任意のソースからの JSON 文字列を解析するための追加のコードを使用せずに、完全にフォーマットされた Excel ファイルが作成されるため、結果が優れていることがわかります。ではない?たとえば、Web API から次の文字列を取得した場合、出力される Excel ファイルは次の画像のようになります。

[{“color”: “red”,“value”: “#f00”},{“color”: “green”,“value”: “#0f0”},{“color”: “blue”,“value “: “#00f”},{“color”: “cyan”,“value”: “#0ff”},{“color”: “magenta”,“value”: “#f0f”},{“color” : “黄色”,“値”:"#ff0”},{“色”: “黒”,“値”: “#000”}]

JSON から Excel Java

Java JSON to Excel Converter Library - 無料ライセンスを取得

無料の一時ライセンスを取得して、評価制限なしで Aspose.Cells for Java を使用できます。

結論

この記事では、Java で JSON データを Excel ファイルにインポートする方法を学習しました。コード サンプルは、Java アプリケーションで JSON を Excel インポートに統合する方法を示しています。さらに、ドキュメント にアクセスして、Aspose.Cells for Java の他の機能を調べることができます。また、フォーラム から質問やクエリを共有することもできます。

関連項目