日本

JSONからC#.NETのExcelワークシートにデータをインポートする

MS Excelは、表形式のデータをワークシートの形式で保持および整理するためのさまざまな機能を提供します。データ編成に加えて、データの並べ替え、グラフのプロット、数学的計算などのさまざまな操作を実行できます。一方、JSONは、データを次の形式で保存および送信するために広く使用されている形式です。キーと値のペア。ほとんどの場合、サーバーからWebページにデータを送信するために使用されます。データをJSONの形式で、つまりWebサービスから受け取り、Excelワークシートに保存したい場合があります。このような場合、最適な方法は、JSONからExcelワークシートにプログラムでデータをインポートすることによってプロセスを自動化することです。 ASP.NETまたはC#ベースのアプリケーションで上記のシナリオを処理するために、JSONデータをExcelファイルにインポートする方法を示します。この記事では、次の方法を学習します。 C#でJSONからExcelワークシートにデータをインポートします C#でJSONをExcelに変換するときにセルフォーマットを適用する JSONファイルからデータをインポートするために、Aspose.Cells for .NETの機能を利用します。これは、.NET、.NET Core、およびXamarinベースのアプリケーションでスプレッドシートファイルを操作するための強力なAPIです。 NuGetからAPIのパッケージをインストールするか、ダウンロードセクションからDLLを直接ダウンロードできます。 JSONからExcelにC#でデータをインポートする JSONからExcelXLSXにデータをインポートする手順は次のとおりです。 新しいWorkbookオブジェクトを作成します。 System.IO.File.ReadAllText(string)メソッドを使用してJSONからデータを読み取ります。 JsonLayoutOptionsクラスのオブジェクトを作成して、追加のオプションを設定します。 JsonUtility.ImportData()メソッドを使用して、JSONからExcelにデータをインポートします。 Workbook.Save(string)メソッドを使用してExcelファイルを保存します。 次のコードサンプルは、C#でJSONからExcelにデータをインポートする方法を示しています。 // ワークブックオブジェクトを作成する Workbook workbook = new Workbook(); Worksheet worksheet = workbook.Worksheets[0]; // JSONファイルを読む string jsonInput = File.ReadAllText("Data.json"); // JsonLayoutOptionsを設定します JsonLayoutOptions options = new JsonLayoutOptions(); options.ArrayAsTable = true; // JSONデータのインポート JsonUtility.ImportData(jsonInput, worksheet.Cells, 0, 0, options); // Excelファイルを保存する workbook.Save("Import-Data-JSON-To-Excel.xlsx"); JSONデータを入力する [ { Name: "John Smith", Contract: [ { Client: { Name: "A Company" }, Price: 1200000 }, { Client: { Name: "B Ltd.
4月 3, 2020 · 2 分 · ウスマンアジズ

Aspose API を使用して Java で JSON から Excel にデータをインポートする

MS Excel には、表形式のデータをワークシートの形式で保持および整理するためのさまざまな機能が用意されています。データの編成に加えて、データの並べ替え、グラフのプロット、数学的な計算などのさまざまな操作を実行できます。一方、[JSON][1] は、データを次の形式で保存および送信するために広く使用されている形式です。キーと値のペア。さまざまなケースで、JSON の形式でデータを受け取り、それを Excel ファイルにインポートする必要があります。これをプログラムで実現するために、この記事では Java で JSON データを Excel にインポートする方法について説明します。
4月 20, 2019 · 2 分 · ウスマン・アジズ